幼児の昼寝「長い・遅いと夜寝ない」聖路加国際病院らが証明 2枚目の写真・画像

 聖路加国際病院、国立精神・神経医療研究センターらの研究グループは、北海道大学病院らとの共同研究を通じて、発達初期の幼児では昼寝の長さや時間帯が夜間の睡眠時間などに影響を及ぼすことを明らかにした。この研究成果は、英国のオンライン科学雑誌に掲載された。

生活・健康 未就学児

編集部おすすめの記事

特集

page top