妊娠期や出生後の喫煙、子どもの聴覚発達に影響…京大 1枚目の写真・画像

 京都大学の研究グループは2018年7月23日、妊娠期の喫煙や出生後の受動喫煙が、子どもの聴覚発達に影響を与えることを見出したと発表した。妊婦や乳幼児のいる家庭に禁煙を促す必要性が再確認される結果となった。

生活・健康 その他
妊娠期喫煙および出生後の受動喫煙と、子どもの聴覚発達へのリスクについて
画像出典:京都大学 妊娠期喫煙および出生後の受動喫煙と、子どもの聴覚発達へのリスクについて

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top