コロナ禍における第2子以降の妊娠、約32%が延期・断念 2枚目の写真・画像

 新型コロナウイルス流行前に第2子以降を希望していた経産婦のうち、約32%が妊娠を延期または諦めると回答していることが、ベビーカレンダーが2020年6月8日に発表した調査結果より明らかとなった。

生活・健康 保護者
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、妊活の状況や今後の妊娠への考えに変化はあったか
画像出典:ベビーカレンダー 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、妊活の状況や今後の妊娠への考えに変化はあったか

編集部おすすめの記事

特集

page top