インフルエンザ流行シーズン入り宣言…学級閉鎖100校超える

生活・健康 健康

定点当たり報告数推移
  • 定点当たり報告数推移
  • インフルエンザ流行レベルマップ(2011年 第49週)
 厚生労働省は12月16日、平成23年第49週分のインフルエンザの発生状況について発表した。定点あたり報告数が流行開始の目安となる1.00を上回り、インフルエンザの「流行シーズン入り」が宣言された。

 今シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数は、第42週(10月17日〜23日)以降で増加が続いており、第49週(12月5日〜11日)の定点あたりの観測数は1.11(患者報告数5,447)となった。全国的な流行開始の指標となる1.00を初めて上回り、今年のインフルエンザ流行シーズン入ったとしている。なお第49週でのシーズン入りは平年並みの時期だという。

 都道府県別に見て、定点当たり報告数が多いのは、宮城県(10.33)、愛知県(5.33)、三重県(5.33)、岡山県(4.04)、山口県(2.91)、沖縄県(2.57)、兵庫県(1.67)、広島県(1.56)となっており、39都道府県で前週よりも増加している。また注意報レベルを超えている保健所地域は、宮城、愛知、三重、岡山で12カ所となっている。

 第49週の全国の保育所・幼稚園、学校(小中高)における、インフルエンザによる休校は6校、学年閉鎖が26校、学級閉鎖が118校と、いずれも前週より急増している。

 厚労省では、インフルエンザホームペーシを通じ、咳エチケットや予防接種などの予防と対策を呼びかけている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)