アップル、第4四半期の全世界パソコン出荷台数は1億2,000万台で世界1位に

デジタル生活 パソコン

好調な販売が続くiPad2。
  • 好調な販売が続くiPad2。
  • 購入しやすい価格帯のMacBook Air
  • Macではノートタイプの Mac Book Airが好調。
  • 携帯性とともに機能も進化したiPad 2
  • 実際に触れとその薄さを軽さを改めて実感
  • 豊富な数のiPad 2が展示された(販売当日)
 調査会社の英Canalysは30日(現地時間)、2011年第4四半期(10~12月)のタブレットを含むパソコン市場の統計結果を発表した。これによれば、アップルが世界で最もパソコンを売り上げたメーカーとなった。

 発表によれば全世界のパソコン出荷台数は1億2000万台。これは前年同期の16%増となる。ただし、タブレットを除くパソコンのみでは前年同期の0.4%減となり、タブレット端末の躍進ぶりが見て取れる。タイの洪水によりハードディスクが不足したことも、タブレットの比率を押し上げる要因となった。

 シェアトップを獲得したのはiPadを1500万台、Macを500万台販売してシェア17%を獲得したアップル。2位はこれまでトップだったヒューレットパッカード(HP)で、シェアは12.7%。3位以下はレノボ、Dell、ASUSTeKと続いている。

 アップルはスマートフォンでも3700万台を売りあげてサムスン(3600万台)との激しい競争に勝利を収め、2011年第4四半期のシェアトップとなっている。決算では過去最高の売上、利益を発表し、その躍進ぶりが鮮明となった。

アップルがHPを抜き世界1位のPCメーカーに! 2011年第4四半期の市場統計

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)