アメリカのモバイル統計、アップルが四半期販売数トップもAndroidが独走

デジタル生活 モバイル

携帯電話のメーカー別シェア
  • 携帯電話のメーカー別シェア
  • スマートフォンのプラットホーム別シェア
 調査会社の米comScoreは2日(現地時間)、アメリカのモバイル統計のレポートで2011年10~12月分を発表した。スマートフォンの伸びを確認できる内容となっている。

 スマートフォンの利用者は9790万人で、全ての携帯電話の40%にあたる。その内訳を見ると、Androidが47.3%でトップ、iOSが29.6%で2位となっている。2011年第4四半期の販売でアップルはメーカー別トップとなったが、プラットフォームの比較ではやはりAndroidが独走に近い状態だ。

 携帯電話全体のメーカー別のシェアでは、サムスンが25.3%でトップ、2位がLG、3位がモトローラで、アップルはそれに続く4位、シェア12.4%となっている。また、RIMが5位、6.7%となっており、不振が伝えられるRIMだが、下降線とはいえアメリカでは根強い人気を保っていることが伺える。

スマートフォンは携帯電話の40%、アメリカのモバイル統計データ

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)