日能研、新小6生対象の「記述力模試」3/20

教育・受験 学校・塾・予備校

記述力模試
  • 記述力模試
 日能研では、中学入試の記述式問題の対策を目的とした新6年生対象の「記述力模試」を3月20日に、首都圏などの各校舎で実施する。

 中学入試では、難関校を中心に記述形式の出題が増加しているという。そこで試されるのは「文章をうまく書く力」ではなく、知識の本質を理解したうえで情報をとらえて分析し、思考した内容を正確に伝える記述力であり、この記述力を身につければ、他のどんな問題にも対応できるという。

 「記述力模試」は、記述力を的確に判断するための「DI学習支援システム」を持つ、日能研ならではテストだという。「DI学習支援システム」は、答案をデータ化し大量の採点を速く正確に行う「DI(デジタルイメージ)採点システム」と、データ化した答案を指導者や保護者、生徒間でも共有し、学習のサポートに活かす「GSS(学習支援システム)」を組み合わせて実現しているもので、偏差値などの成績情報だけでは読み取れない、学習の変化や成長を見定めることが可能になるという。

 テストは、国語・算数(各50分)、社会・理科(各40分)の4科目を実施する。受験料は3,150円。参加申込は受験する各教室で受け付ける。

◆記述力模試
対象:新6年生(現5年生)
科目:4科目(国語・算数・社会・理科)
日時:3月20日(祝・火) 12:15集合 12:30開始
 ※教室により実施時間は異なる場合あり
受験料:3,150円
会場:日能研各教室
 ※首都圏、北海道(日能研札幌)、愛知県(名古屋駅前校・千種校)
《田崎 恭子》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)