急成長のタブレット市場、4年後もiPadがトップ…Gartner

デジタル生活 モバイル

Gartnerが発表したタブレット市場予測
  • Gartnerが発表したタブレット市場予測
  • iPad
  • Iconia Tab A200
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
 調査会社の米Gartnerは10日(現地時間)、世界のタブレット市場を予測するレポートを発表した。タブレット端末は急成長を続け、iPadはシェアトップの座を2016年まで守るとしている。

 レポートによるとタブレット市場 は急成長を続け、2012年は前年比の約2倍となる1億1888万台が販売されるという。iPadのシェアは2011年が66.6%と圧倒的。2012年はやや下がるものの、61.4%とやはり支配的な立場にある。レポートの予測は2016年までで、その時点でのシェアは45.9%と予測している。現在より低下するが、この時点ではWindows 8の台頭などによりシェアが分散するため、圧倒的なシェア1位であることは変わらない。

 Androidについては2011年のシェアが28.8%、2016年は37.3%としている。シェアでは8.5%の上昇だが、台数では2016年までの毎年、ほぼ2倍の成長を続けるとの予測だ。注目されているWindows 8については、2016年のシェアが11.8%と予測。一定の存在感は示すもののiOS、Androidの立場を脅かすまでには至らないようだ。

世界のタブレット市場は今後もアップルが牽引……Gartner予測

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)