優秀作102点をルーヴル美術館へ、住友生命の絵画コンクール

教育・受験 その他

第36回 子ども絵画コンクール
  • 第36回 子ども絵画コンクール
  • ルーヴル美術館ウェブサイト
 住友生命は4月25日、幼児から中学生を対象とした「第36回 こども絵画コンクール」の開催について発表した。優秀作品はパリのルーヴル美術館で展示される同コンクールに、多数の参加を呼びかけている。

 「こども絵画コンクール」は、子どもの情操教育支援を目的とした社会貢献活動のひとつとして、住友生命が1977年より毎年開催しているもの。昨年は199,644点の応募があり、開始以来の応募総数は997万点を超えるという。

 2000年実施の第24回からはルーヴル美術館の後援を受け、国内だけでなくアメリカ、イギリス、フランス等海外からも応募が寄せられるグローバルなコンクールに。前回のコンクールでは、全国審査の特別賞・金賞・銀賞受賞作品など合計108点が、今年3月9日から4月9日の期間、ルーヴル美術館にて展示された。

 第36回目となる今回の募集テーマは「たのしいな、うれしいな」。「幼児(0才〜4才)・(5才〜6才)」、「小学校1・2年生」、「小学校3・4年生」、「小学校5・6年生」、「CG(幼児〜中学生)」の各部門で作品を募集する。

 応募には専用の応募画用紙を使用、CG部門は専用の応募画用紙に直接印刷またはA4サイズの用紙に出力し、専用の応募画用紙に貼る。提出は住友生命職員を通じてもしくは住友生命各支社・支部に持参または郵送となっている。

 また、配布した画用紙1枚につき1円、応募作品1点につき10円を公益財団法人 日本ユニセフ協会に寄付し、世界の子どもたちを支援するという。

 今回の入賞作品については、来年1月に国内展覧会が行われた後、特別賞・金賞・銀賞受賞作品102点は2013年3月8日〜4月8日にルーヴル美術館に展示される予定。

◆第36回 こども絵画コンクール
実施期間:2012年9月まで
テーマ:「たのしいな、うれしいな」
資格:幼児、小学生、中学生(中学生はCG部門のみ)
部門:幼児0才~4才、幼児5才~6才、小学校1・2年生、小学校3・4年生、小学校5・6年生、CG(幼児~中学生)
応募方法:
・専用の応募画用紙を使用(A3サイズ、作品記入面は27.0×39.0cm)
・CG部門は、専用の応募画用紙に直接印刷を行うか、A4サイズの用紙に出力し、専用の応募画用紙に貼る
・作品は住友生命職員を通じて提出。もしくは最寄りの住友生命各支社・支部に郵送または直接提出
全国審査:10月26日(金)予定
結果発表:12月初旬に同社HPにて発表
全国展覧会:2013年1月12日(土)〜14日(月・祝)東京タワー フットタウン1階 特設会場
ルーヴル展覧会:2013年3月8日(金)~4月8日(月)ルーヴル美術館(フランス)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)