中学の給食実施率76.9%、給食費は月額約4,700円

教育・受験 学校・塾・予備校

学校給食の実施率
  • 学校給食の実施率
  • 保護者が負担する学校給食費の月額
  • 国公私立学校において米飯給食を実施している学校数
  • e-Stat 学校給食実施状況等調査
 文部科学省は5月10日、国公私立の小中学校などを対象に給食の実施状況や給食費の金額などを調べた「学校給食実施状況等調査」の平成22年度の結果概要をホームページに公開した。

 同調査は、学校給食の現状と課題を把握し、改善充実を図ることを目的とし、国公私立の小学校、中学校(中等教育学校前期課程を含む)、特別支援学校、夜間定時制高等学校、幼稚園、共同調理場を対象に、毎年5月1日時点で全数調査を行っているもの。学校給食実施状況、学校給食費、米飯給食実施状況について調べている。

 今回発表された調査結果は、平成22年5月1日現在の状況を調べたもの。それによると、国公私立学校全体で学校給食を実施している学校数は、全国で32,051校で、実施率は94.2%となった。主食・おかずとも提供する完全給食では、実施率が90.4%となっている。

 学校の種別にみた実施率は、小学校が98.1%、中学校が76.9%、特別支援学校が87.2%、夜間定時制高等学校が59.6%となっている。

 また、公立の小・中学校のうち、単独調理場方式による実施率は43.1%、共同調理場方式は54.8%、その他の調理方式が2.1%となっている。

 国公私立学校などに配置されている栄養教諭・学校栄養職員の数は12,199人で、前年と比べて126人の減少したものの、栄養教諭は3,476人で、前年より740人増加している。

 保護者が負担する給食費の月額は、小学校で約4,100円、中学校で約4,700円となっている。

 米飯給食を実施している学校数は、全国で30,757校となっており、完全給食を実施している学校の99.9%。また、1週当たりの米飯給食の回数は平均3.2回となっている。

 なお、調査結果の詳細については、政府統計の総合窓口(e-Stat)のホームページに公開されている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)