【中学受験2013】夏休みの過ごし方 6/10…やる気にさせる声かけ

 「塾のソムリエ」として活躍する、中学受験に詳しい西村則康氏に、「子どもをやる気にさせる声かけ」について聞いた。

教育・受験 受験
西村則康氏
  • 西村則康氏
 「塾のソムリエ」として活躍する、中学受験に詳しい西村則康氏に、「子どもをやる気にさせる声かけ」について聞いた。

◆笑顔が一番

 どんなに忙しくても、精神的なゆとりを失わないように気をつけましょう。そのために一番大事なのはお母さんの笑顔です。子どもにかける言葉に怒りが含まれていませんか? 一度振り返ってみてほしいと思います。

◆よい声かけは、快感を予想させる

 「○○をしなさい」という声かけは、子どもの義務感に訴える言葉です。こういう言葉をいくらかけても子どもは動きません。

 子どもがやる気になる声かけとは、「それができたら楽しいだろうな」と、将来の快感を予想させるような声かけです。

 たとえば、字が乱雑な子に「もっときれいに書きなさい」と言うよりも、「字の大きさを揃えるだけで、あなたは次のテストでこの問題に正解できそうね。そうなったら気持ちいいでしょう?」と言ったほうが、ずっと効果的なはずです。

 「○○しないと××になるわよ」という言い方をするお母さんも多いと思いますが、それは、将来の不快を予感させる言い方で、逆効果です。

 子どもはたいてい、「自分はすごく頑張っている」と思っているものです。ですから、まずそれを認めて、ねぎらったり、すごいねえと褒めてあげる。そうするだけで子どもの表情は生き生きと変わってくるのです。
《石井栄子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)