【高校受験2013】岐阜県立高校の新入試制度Q&A掲載

教育・受験 学校・塾・予備校

新しい入学者選抜制度のリーフレット(表)
  • 新しい入学者選抜制度のリーフレット(表)
  • 新しい入学者選抜制度のリーフレット(裏)
 岐阜県教育委員会は7月3日、2013年度公立高校の新しい入試制度についてホームページにQ&Aを掲載した。入試制度の主な変更点は、これまで、特色化選抜と一般選抜の2回に分けて実施していた高校入試を一本化し、第一次選抜として実施する。

 前年度までは、2月の特色化選抜と3月の一般選抜の2回実施していたが、これからは、3月に実施する第一次選抜1回の受験となる。第一次選抜は、すべての受験者に対して「標準検査」と呼ばれる学力検査を実施する。部活動などの顕著な実績を評価するために、「独自検査」と呼ばれる学校独自の選抜を実施する高校もある。なお、欠員が出た場合のみ再募集として第二次選抜を実施する。

 そのほか、日程や定員、通学区域、出願方法、検査内容、選抜方法、今後のスケジュールについてQ&A形式で解説している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)