ホームプラネタリウムで室内に星空を、スピーカー内蔵でスマホの音楽再生も可能

デジタル生活 その他

「NEWスターシアター NST-02」
  • 「NEWスターシアター NST-02」
  • 星や星座を投影するイメージ
 ケンコー・トキナーは6日、スピーカー付ホームプラネタリウム「NEWスターシアター NST-02」を発表した。販売開始は30日。価格はオープンで、予想実売価格は9,980円。

 同製品は、家庭のリビングや寝室、子供部屋などで星空の映像を楽しめるホームプラネタリウム。日時指定で1年365日の星空を投影可能で、北半球のおもな星座や北/南半球の星を映し出せる。星の回転スピードは5段階に設定可能で、流れ星機能も搭載する。

 2.0chスピーカーシステムを内蔵しており、3.5mmステレオミニ出力によりスマートフォンやタブレット、ポータブルオーディオプレーヤーなどの音楽再生が可能。星空の映像を眺めながらのBGMとして、あるいは外付けスピーカーとして利用できる。

 投影サイズは、投影距離が2mの場合に1.8×2.2m。自動電源OFF機能付で、30分/60分/120分に設定可能。バッテリはACアダプタのほか単3形乾電池3本で、連続駆動時間は約40時間。台座を含む本体サイズは幅170×高さ200×奥行き170mm、重さは705g。付属品はスタンド/フィルム3種(北半球の星/南半球の星/北半球の星座)/ACアダプタ/オーディオケーブルなど。

寝室などに星空を投影、スマホ等の音楽再生も可能なホームプラネタリウム

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)