【中学受験2013】SAPIX小学部、応募者数速報を公開…灘・渋幕は昨年上回る

教育・受験 受験

SAPIX小学部 応募者数速報
  • SAPIX小学部 応募者数速報
  • 男子校
  • 女子校
  • 共学校
  • 灘中学校
  • 渋谷教育学園幕張中学校
 SAPIX小学部は、2013年度中学受験の応募者数速報の公開を開始した。今年度の応募者数状況や合格発表日時にくわえ、過去の応募者数状況や入試結果(受験者数・合格者数・倍率・補欠発表・合格最低点など)をあわせて閲覧できる。

 すでに出願を締め切った灘中学校の今年の応募者数は、定員約180名に対して637名(注:灘中学校ホームページでは638名)で3.54倍。昨年の3.42倍より倍率が上がっており、今年も灘の入試は厳しくなりそうだ。ラ・サール中学校は1月11日が出願締切となるが、10日現在、定員160名に対して692名応募の 4.33倍と、すでに2012年、2011年の倍率を上回っている。

 首都圏中学校では一部の学校で受付が始まったところだが、現時点で、渋谷教育学園幕張中学校の一次(1月22日・1月12日締切)が9.76倍ですでに2012年の9.14倍を上回っている。このほか、栄光学園中学校(15日締切)が3.27倍、浅野中学校が(16日締切)が5.44倍などとなっている。

 なお、正確な情報に関しては、各学校のホームページを閲覧するか直接問い合わせることをお勧めする。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)