【大学受験2013】45.1%の大学・短大が入試に「漢検」資格活用

 日本漢字能力検定協会(漢検)は、2012年8月から10月に行った独自調査にもとづき、全国の4年制大学・短期大学における2013年度入学試験(推薦入試、AO入試を含む)での「漢検」の活用状況をまとめた。

教育・受験 受験

調査回答状況
  • 調査回答状況
  • 活用校数・学部学科数
  • 入試種別別 活用校数 (かっこ内の%は活用校総数に対する割合)
  • 活用種類別 活用校数 (かっこ内の%は活用校総数に対する割合)
 日本漢字能力検定協会(漢検)は、2012年8月から10月に行った独自調査にもとづき、全国の4年制大学・短期大学における2013年度入学試験(推薦入試、AO入試を含む)での「漢検」の活用状況をまとめた。

 本調査では、大学・短期大学入試課・広報課などに対して「大学入試における『漢検』資格活用状況」調査用紙を送付、703大学、326短大から回答を得た。

 調査結果によると活用校数は304大学(43.2%)、160短大(49.1%)で、合計464校(45.1%)だった。

 入試種別でみると、一般入試では活用校の15.7%にあたる73校が活用。推薦入試では同70.5%にあたる327校が、AO入試では同61.6%にあたる286校が活用していると回答した。

 活用方法としては、点数加算が105校(22.6%)、合否判定考慮が195校(42.0%)、出願条件が103校(22.2%)だったほか、8校では学科試験免除、20校では入学金免除の条件として活用していることがわかった。
《水野こずえ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)