【高校受験2013】埼玉県公立高校の志願状況速報、浦和の普通科は1.55倍

教育・受験 受験

平成25年度埼玉県公立高等学校入試の志願者数等について
  • 平成25年度埼玉県公立高等学校入試の志願者数等について
  • 志願者状況(一部)
  • 志願者状況(一部)
 埼玉県は、2月20日より公立高校の入学し志願者数を公開している。最終確定数が決定するのは2月26日となっているため、速報値ではあるが大宮高校の理数科が3.53倍、浦和高校の普通科が1.55倍、浦和第一女子が1.30倍などとなっている。

 2013年度の埼玉県公立高校入試の入学許可予定者数は、全日制が39,762名、定時制が2,160名となっている。2月20日の20時の情報では、全日制に47,212名が志願しており倍率が1.19倍と前年同期の倍率を上回った。

 学科別に見ると、理数科の2.13倍がもっとも高く、人文科(1.58倍)、国際文化科(1.28倍)などが続いた。学校別では、大宮高校理数科の3.53倍がもっとも高く、40名の募集枠に141名がすでに志願している。そのほか、蕨高校の外国語科と新座総合技術高校の食物調理科が1.98倍と高い倍率となっている。

 普通科では、市立浦和高校の1.70倍、大宮高校の1.66倍、川越女子高校の1.65倍、川越高校の1.59倍などが高い倍率となっている。一方で、普通科でも越生高校、松伏高校などは、現時点では入学許可予定者数に達していないようだ。

 なお、入学志願者数が確定するのは、2月26日。学力検査は3月4日、入学許可候補者の発表は3月11日とされている。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)