「ウイルスプロテクター」自主回収へ…やけど被害は50件

生活・健康 その他

自主回収対象製品「空間除菌剤 ウイルスプロテクター」
  • 自主回収対象製品「空間除菌剤 ウイルスプロテクター」
  • 自主回収対象製品「空間除菌剤 ウイルスプロテクター」
  • ダイトクコーポレーション「お詫びとお知らせ」(回収方法など)
 塩素成分による身の回りのウイルス除去・消臭をうたった「空間除菌剤 ウイルスプロテクター」の相次ぐやけど事故を受けて、輸入元の「ERA Japan」が2月22日から自主回収を始めた。

 同製品は、2013年1月15日~2月8日までに、72万7,604個を出荷。この製品を使った幼児が、2月2日に化学熱傷で胸に重傷を負うなど計6件の事故報告を受け、2月18日に消費者庁が使用中止を呼びかけていた。2月20日の時点では、確認中の症例も含め50件の事故報告を受けているという。

 同社は、製品に対する安全性の検討が十分でなかったこと、事故発生後に「妊婦や乳幼児に使用しないこと」などの注意喚起を行ったものの、同様の事故が継続して発生したことから、自主回収することにした。

 厚労省では、製品の使用により、赤み、はれ、かゆみなどの症状が認められた場合は、ただちに皮膚科専門医を受診するとともに、輸入元の専用相談窓口(フリーダイヤル0120-988-030)への連絡を呼びかけている。

 回収の詳細については、厚労省のホームページおよび、販売元「ダイトクコーポレーション」のホームページに掲載している。
《楠原 恵子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)