1,500の学研教室に指導用タブレット端末導入

 学研エデュケーショナルは、パナソニック システムソリューションズ ジャパンと提携し、3月1日より学研教室で「学研iコース」をスタートした。指導者用タブレット端末「BizPad(ビズパッド)」を学研教室に導入するという。

教育ICT 学校・塾・予備校
BizPad(ビズパッド)
  • BizPad(ビズパッド)
  • 利用イメージ
 学研エデュケーショナルは、パナソニック システムソリューションズ ジャパンと提携し、3月1日より学研教室で「学研iコース」をスタートした。指導者用タブレット端末「BizPad(ビズパッド)」を学研教室に導入するという。

 学研教室は、全国1万5千教室の規模で全国展開しており、3月はまず1,500教室で「学研iコース」を開始する。

 「学研iコース」は、学研教室がこれまで行ってきた指導に、専用タブレットによる解説や指導を加えることで、子どもが自分で考え、理解する機会を増やし、「自学自習力」をさらに伸ばすことができる教育サービス。指導者用には「BizPad」を、会員向けには、学研エデュケーショナルオリジナルのタブレット学習端末「マナボード」を使用する。

 「BizPad」は、10.1型タブレット(JT-H581VTCAJ)で、パナソニック システムソリューションズ ジャパンの製品。堅牢性があり、教室での電池交換も容易であり、長時間運用などに適している。

 同社は、指導者用タブレット端末「BizPad」の導入により、会員の学習管理の効率化に繋がり、結果として指導の質が上がることで、教室の教育価値の向上を目指す。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)