文科相、就活開始時期を4月以降へ後倒しに

教育・受験 学校・塾・予備校

下村博文文部科学大臣記者会見(平成25年4月9日)
  • 下村博文文部科学大臣記者会見(平成25年4月9日)
  • 文部科学省のホームページ
 下村博文文部科学大臣は、4月9日の定例記者会見で、大学生の就職活動時期を遅らせるという政府の案について、来春からは時間的に厳しく、学生に不安感を与えないようなタイミングで確実に実施するように進めていきたいと発言した。

 文科省では、本来、学生の期間は、しっかり勉強して欲しいという前提で、大学生の就職活動時期を4年生の4月以降に遅らせることを検討している。大企業優先の就職活動ではなく、中小企業も優秀な学生が確保できるよう、厚生労働省などと相談しながら進めていくとしている。外資系企業は強制できないかもしれないが、できる限り協力を要請するという。

 また、経営者サイドだけではなく、国家試験など国が行うことについても時期を遅らせる考えを明らかにした。

 時期は、来春からは時間的に厳しく、官邸と相談しながら、学生に不安感を与えないようなタイミングで確実に実施するという。できるだけ早く取りまとめて、関係各所にお願いをしていくとしている。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)