カリフォルニア大学での研修に参加する被災地の高校生100名が決定

教育・受験 学習

TOMODACHIイニシアチブのホームページ
  • TOMODACHIイニシアチブのホームページ
  • ソフトバンクのホームページ
 TOMODACHIイニシアチブとソフトバンクは、カリフォルニア大学バークレー校での「TOMODACHIサマー2013 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の参加者100名が決定したと発表した。ソフトバンクは、参加者全員にiPadを提供するという。

 同プログラムは、2013年7月22日~8月12日にカリフォルニア大学バークレー校で行われる3週間の集中コースに、東日本大震災の被災地である岩手・宮城・福島の3県の高校生100名を無償で招待するもの。異文化での体験を通じて視野を広げ、それぞれの将来の目標や夢を追求することで困難な状況に打ち勝とうとする高校生たちを支援することを目的としており、今年で2回目となる。ソフトバンクは、参加者全員にiPadを提供し、米国滞在中に研修での体験の記録や日本の家族や友人と連絡に役立ててもらう。

 参加者は、カリフォルニア大学バークレー校の問題解決型のワークショップに参加し、地域社会を改善する方法を探求する。また、ホームステイやボランティア活動、アメリカの高校生との交流などを通じ、米国社会と文化への理解を深めるという。

 参加予定者の阿部真帆さんは、「将来も地元・石巻市に住み続け、市内のホテルで働きたい。日本人のお客さまだけでなく、石巻市に訪れる外国のお客さまにも震災の経験について伝えていきたい」と話している。

 TOMODACHIイニシアチブとソフトバンクは、参加者が帰国後、米国で身に付けた学びを被災地の復興のために生かす機会を提供し、参加者の積極的な地域貢献の活動を全面的に支援する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)