神奈川工科大、モバイル学生証にタニタの健康管理システムを連携

 神奈川工科大学は8月5日、モバイル学生証に、タニタの業務用マルチ周波数体組成計MC-980Aを連携させる新しい機能「KAITからだカルテ」を追加したと発表した。

生活・健康 健康
KAITからだカルテ
  • KAITからだカルテ
  • 神奈川工科大・モバイル学生証
 神奈川工科大学は8月5日、モバイル学生証に、タニタの業務用マルチ周波数体組成計MC-980Aを連携させる新しい機能「KAITからだカルテ」を追加したと発表した。

 「KAITからだカルテ」は、神奈川工科大学の図書館内に設置されたタニタの業務マルチ周波数体組成計「MC-980A」を利用した、学生の日々の健康や病気予防をサポートする健康管理システム。MC-980Aは、体重、体脂肪率や筋肉量のほか、推定骨量など全身の体組成だけでなく部位ごとの筋肉量、脂肪率を計測・表示する。今回、モバイル学生証と体組成計を連携しネットワークにつなげることで、在籍期間中は計測データを自動記録。日々の健康状態を確認することができ、学内にいながら自主的にきめ細かな健康管理を行うことができるという。学生は在学中無料で利用できる。

 神奈川工科大学は、2006年よりソフトウェアメーカー・CSE社が開発した国内初のモバイル学生証を導入するなど、先端サービスでの学生のキャンパスライフを強化。今回、学生の日々の健康管理や病気予防に着目し、タニタ協力のもと、モバイル学生証での健康管理システムを実現した。また、図書館に体組成計を設置することで、より価値の高い新しい図書館サービスを創出。学生が図書館を身近に感じ、計測しながら、健康・食育の知識に触れることができるスペースを提供する。

 今後は計測データを学生の了承を得たうえで、栄養生命科学科の研究データとして、またスポーツ科学の分析データとして活用することも検討。さらに、来年度からは学食と連携した摂取カロリー管理機能の拡充を予定しており、「はかる、知る、学ぶ、楽しむ」というサイクルを提供し、「食」の大切さ、「健康」への拡がりを通して、積極的に学生の食育にも取り組んでいくという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)