大学進学率は65%と10年ぶり低下…東京都の学校基本調査2013

教育・受験 学校・塾・予備校

学校・園の数および在学・在園者数
  • 学校・園の数および在学・在園者数
  • 高等学校の卒業者数、進学率および就職率の推移
  • 中学校の卒業者数および進学率の推移
  • 学校・園の数
  • 学校・園の数の推移
  • 在学者数
  • 在学者数の推移
 東京都は8月19日、2013年度学校基本調査結果速報を公表した。学校・園の数は、ほとんどの学校種で減少したものの、在学・在園者数は、中学校、専修学校で増加した。また、大学等への進学率は65.2%と10年ぶりに0.5ポイント低下したことが明らかになった。

 学校基本調査は、すべての小学校・中学校・高等学校や専修学校・各種学校に対して、児童・生徒数や教員数、卒業生の進路などについて、文部科学省が毎年5月1日現在で行っている調査。この速報では、2013年5月1日を調査期日として実施された学校基本調査結果のうち、東京都内の学校について主な内容を公表するもの。

 学校・園の数を種類別にみると、前年度と比較して、特別支援学校で1校増加、高等学校通信制と中等教育学校で変化なし、それ以外のほとんどの学校種で減少した。特に幼稚園と小学校は、20年前の1993年と比較すると、幼稚園は223園、小学校は110校減少した。

 在学者数を学校種別にみると、前年度と比較して、中学校で1,006人、専修学校で2,200人、中等教育学校で482人、特別支援学校で341人、専修学校で2,200人増加した。幼稚園と小学校は、20年前の1993年と比較すると、幼稚園は3,089人、小学校は66,007人減少した。

 高等学校等進学者数は、101,677人で前年度より470人減少。進学率は、98.3%で前年度より0.1ポイント上昇した。一方、大学等進学者数は、66,451人で前年度より1,690人増加。進学率は、65.2%で前年度より0.5ポイント低下し、10年連続過去最高とはならなかった。なお、全国平均は、高等学校等進学率が98.4 %で前年度より0.1 ポイント上昇、大学等進学率が55.1%で前年度より1.1ポイント低下となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)