テクノ・フェア名大9/6、研究成果公開や研究室見学

教育・受験 その他

テクノ・フェア名大2013
  • テクノ・フェア名大2013
  • 工学研究科量子工学専攻 量子ナノ構造解析学講座(齋藤研究室)
  • エコトピア科学研究所 超高圧電子顕微鏡施設
  • 工学研究科マテリアル理工学専攻 石川・湯川研究室
 名古屋大学工学研究科は、研究成果を公開するイベント「テクノ・フェア名大2013」を9月6日、名古屋大学豊田講堂(名古屋市千種区)で開催する。入場無料。

 テクノ・フェア名大では、大学にある技術シーズ(種)の展示、研究室公開や講演会などを通じ、大学の研究成果を広く公開。新規産業の創出や既存産業の技術の高度化を推進する機会を設け、より一層の「産学官連携」を目指していくことを目的として、1999年から開催しており、毎回多くの企業の研究開発担当者などが来場するという。

 今年度も会場では、数多くの研究シーズ・研究成果を展示。また、基調講演「熱から電気を生み出す夢の人工結晶-“熱電変換材料”」(河本邦仁教授)、「ナノカーボンが拓く科学と工学」(齋藤弥八教授)を実施するほか、普段は見ることのできない研究室の見学なども行う。

 さらに会場には「技術相談・共同研究等受付コーナー」を設置。パネル展示やパンフレットを配布して、産学連携の取り組みを紹介するとともに技術相談に対応する。

◆テクノ・フェア名大2013
日時:9月6日(金)10:00~17:00
会場:名古屋大学豊田講堂(名古屋市千種区)
入場料:無料
事前申込み:不要(研究室見学を除く)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)