今夜見られるか?オリオン座流星群10/21深夜より観測チャンスあり

 オリオン座流星群が10月21日、活動のピークを迎える。雲や月明かりの影響で、観測が難しそうな地域もあるが、場所によっては21日深夜から22日未明にかけて明るい流れ星を眺めることができそうだ。

趣味・娯楽 その他
ウェザーニュースの「流星見えるかなマップ」
  • ウェザーニュースの「流星見えるかなマップ」
  • AstroArts作成のオリオン座流星群(2013年10月21日0時)
 オリオン座流星群が10月21日、活動のピークを迎える。雲や月明かりの影響で、観測が難しそうな地域もあるが、場所によっては21日深夜から22日未明にかけて明るい流れ星を眺めることができそうだ。

 日本気象株式会社によると、観測のピークは10月22日午前4時ごろ。南の空に1時間に10~30個程度流れるという。ウェザーニューズでは、21日夜から22日早朝は広いエリアで観測チャンスがあると予測。特に西日本の太平洋側は「バッチリ見える」と予想されている。一方、北海道などでは雲が広がり、星空が隠れてしまうため観測は難しそう。関東や東北などは「チャンスあり」の予想だが、日本海側ほど雲が多めの空なので、流星を見つけるには根気が必要だという。

 AstroArtsによると、オリオン座流星群は、ハレー彗星の通り道を地球が通過することで、ちりが地球の大気に飛び込み、上空100km前後で発光して見える。満月2日後の明るい月光を目に入れないよう、空を広く見渡しながら眺めるとよいという。

 ウェザーニューズでは、21日午後11時から22日午前1時まで、全国7か所から流星の様子をライブ中継する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)