京都産業大学神山天文台が特別講演「あなたはアイソン彗星を見たか?」11/30

教育・受験 学習

あなたはアイソン彗星を見たか?
  • あなたはアイソン彗星を見たか?
  • イベントページ
 京都産業大学神山天文台は11月30日(土)に特別講演「あなたはアイソン彗星を見たか?」を開催する。当日は、土曜日の一般公開として夜間の天体観望会にも参加できる。

 アイソン彗星は、11月から12月にかけて明るい大彗星になると予想されている。国立天文台によると、アイソン彗星は太陽に極端に近づく軌道を持っており、11月29日前後に太陽にもっとも近づくという。

 京都産業大学神山天文台では、アイソン彗星について、彗星の研究者である神山天文台長の河北秀世教授による特別講演会を開催する。「アイソン彗星が本当に明るくなったのか?」また「12月以降にどのように見えると期待されるか?」などについて、河北台長が彗星研究者の立場から解説する。

◆あなたはアイソン彗星を見たか?
日時:2013年11月30日(土)17:00~17:45
場所:京都産業大学 神山天文台(京都市北区上賀茂本山)
参加費:無料
対象:中学生以上
申込方法:申込み不要・当日会場に直接来場
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)