京都産業大学神山天文台、クリスマス特別講演などを開催…12/21

 京都産業大学神山天文台は12月21日、天文学入門講座「宇宙の過去・現在・未来」を開催。また同日、クリスマスツリーに飾られている「ベツレヘムの星」について、河北英世 神山天文台長によるクリスマス特別講演も実施する。

教育・受験 学習
天文学入門講座
  • 天文学入門講座
  • クリスマス特別講演会
 京都産業大学神山天文台は12月21日、天文学入門講座「宇宙の過去・現在・未来」を開催。また同日、クリスマスツリーに飾られている「ベツレヘムの星」について、河北英世 神山天文台長によるクリスマス特別講演も実施する。

 京都産業大学神山天文台では、天文学の基礎を学びたい人のために「天文学入門講座」を開催している。6回目となる今回の講座では、京都産業大学神山天文台の中道晶香研究員が、「宇宙の過去・現在・未来」をテーマに実施。宇宙はどのように始まり、将来どうなるのか、ダークマター、ダークエネルギーとは何かといった、宇宙論研究の最新の話題を紹介しながら、宇宙の過去・現在・未来の姿について紹介する。

 また、クリスマス特別講演では、「ベツレヘムの星」と呼ばれる、クリスマスツリーの一番上の星について紹介し、その星の謎について天文学的な背景を交えて解説する。

 なお当日は、土曜日の一般公開として夜間の天体観望会(悪天候の場合は宇宙の3D映像上映会)も開催しており、併せて参加することができる。

◆天文学入門講座/クリスマス特別講演会
日時:12月21日(土)14:30~16:00(天文学入門講座)、17:15~17:45(クリスマス特別講演会)
場所:京都産業大学 神山天文台(京都市北区)
対象:高校生以上(天文学入門講座)、制限なし、子ども連れ可(クリスマス特別講演会)
参加費:無料(入館料なども不要)
申込方法:申込不要、当日会場に直接来場
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)