荒川区が全小中学校にタブレットPC導入、37.5億円で提案募集

教育ICT 行政

荒川区のホームページ
  • 荒川区のホームページ
 荒川区は、平成26年度におけるタブレットPCの区立小中学校全校への導入に向け、利用環境の設計・構築、機器構成、運用方法など総合的な提案を募集している。経費は37億5,500万円(上限)を予定。企画提案書提出期限は1月31日17時まで。

 同区では、電子黒板を区立小中学校の全普通教室に導入し、区立小学校3校と中学校1校でタブレットPCのモデル導入事業を開始するなど、積極的に教育の情報化に取り組んでいる。

 今回募集するのは、荒川区立小中学校(30校)で利用するタブレットPCの物品調達と利用環境の設計・構築、運用支援。履行期間は、平成26年4月1日から平成31年7月31日まで。経費は37億5,500万円(上限)。今回の提案では、見積額を重要な要素の1つとして審査するという。

 応募資格は、国内の教育機関等でネットワークシステムの構築実績があることや、東京23区および隣接自治体に本店または支店、事業所があること、プライバシーマークまたはそれと同等の認証資格を取得していることなど。参加申込み期限は平成26年1月8日17時、企画提案書提出期限は1月31日17時まで。

 審査は、荒川区の評価委員会において書類審査による一次審査、プレゼンテーションとデモンストレーションによる二次審査を行う。一次審査の結果は2月下旬頃、二次審査は2月下旬頃、二次審査の結果は3月下旬頃を予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)