【センター試験2014】東進、二段階選抜予想得点を公開

教育・受験 受験

二段階選抜予想得点
  • 二段階選抜予想得点
  • 東大の二段階選抜予想得点
  • 京大の二段階選抜予想得点
 東進は1月23日、2014年度センター試験二段階選抜予想得点を公開した。東大は文科一類が625点、理科三類が705点などとなっている。北海道大や東北大、名古屋大、京大、大阪大、九州大なども二段階選抜の実施予定を発表した学部の予想得点が掲載されている。

 センター試験の成績により、二段階選抜(いわゆる足切り)の実施予定を発表した大学・学部・学科の二段階選抜予想得点、予告倍率が一覧表に掲載されている。お茶の水女子大や横浜国立大などでは、二段階選抜を実施しない見込み。

 二段階選抜予想得点を見ていくと、東大は、文科一類が625点(得点率:69.4%)、文科二類が650点(72.2%)、文科三類が670点(74.4%)、理科一類が735点(81.7%)、理科二類が715点(79.4%)、理科三類が705点(78.3%)、後期が705点(88.1%)。

 京大は、教育・教育科学理系が700点(得点率:77.8%)、経済・経済経営論文が650点(72.2%)、理・理が630点(70%)、医・医が630点(70%)などとなっている。

 東進はこのほか、合否判定システムや、センター試験の解答速報、解説、設問別分析などを公開している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)