【高校受験2014】東京都立高校入試<英語>講評…例年並み

教育・受験 受験

SAPIX中学部(サピックス)
  • SAPIX中学部(サピックス)
  • 普通科の受検倍率(一部)
 平成26年度東京都立高等学校入学者選抜の学力検査(海外帰国生徒対象を除く)が、2月24日(月)に実施された。全日制の受検倍率は1.42倍で、前年の1.43倍と比べ0.01ポイント減少した。

 難関高校に高い合格実績をもつSAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査(共通問題)の「英語」の講評を速報する。この他の問題についても同様に掲載する。

◆共通問題<英語>講評(SAPIX中学部 提供)
 大問構成に変化はなく、難易度にも変化はありません。細かい部分の理解、文章全体の理解、また理解した内容を英語で表すことができるかなど、いろいろな方向から英語力が試される出題となっています。和訳中心の学習を進めつつ、英文全体の中から重要な部分を抜き出す練習を重ね、内容把握と英文記述の力を強化していきましょう。

(1)リスニング問題
 例年通り、問題Aと問題Bに分かれています。問題Aでは男性・女性による3つの短い対話文。それぞれに対する質問が1つずつあります。問題Bでは短い英文が読まれ、その内容に関する質問が2つあります。

(2)短い対話文2題と短いスピーチが1題出題され、対話文では図表と関連づけられています。日常的な会話での対応力が備わっているかどうかを確認する問題です。問題2では、対話文と与えられたパンフレットを照らし合わせる問題です。細かい部分まで意識的に確認し、正しく理解し、整理できるかどうかを試す出題の意図となっています。

(3)基本的な英文解釈、省略部理解、要約文完成が出題されました。対話文の1文1文の理解と全体像の理解を確認する問題でした。

(4)同意文完成、文整序、内容一致文完成、英問英答が出題されました。物語のおおまかな流れが捉えられているかどうかを確認する問題でした。
===

 英語(PDF) : 問題  解答  リスニング (提供:東京都教育委員会)

 このレポートは2014年2月25日(入試翌日)に速報としてSAPIX中学部により作成されたもの。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)