【大学受験2014】早大、2/16・17入試も追試を実施

教育・受験 受験

早稲田大学入学センター
  • 早稲田大学入学センター
  • 2月16日実施の入試について
  • 2月17日実施の入試について
 早稲田大学は2月25日、大雪の影響で試験場に来られなかった受験生に対する措置について、16日実施の基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部と17日実施の文学部も3月7日に追試験を行うと発表した。

 すでに2月15日実施の法学部入試については、3月7日に追試験を実施することが決定しているが、16日と17日実施の入試についても、広範かつ深刻な交通機関の混乱が継続していたために試験場に来られなかった受験生が多くいた。受験できなかった受験生に受験の機会を保障するため、追試を行うこととした。ただし、すでに出願している下記の学部のうち、1つの学部しか受験することができない。

 2月16日実施の基幹理工学部・創造理工学部・先進理工学部一般入学試験において、試験開始時刻の繰り下げ、別室受験など、できうる限りの対応をしたが、なお受験不可能な受験生が相当数生じたため、3月7日に追試験を実施する。ただし、特別措置に伴う追試験のため、2月16日実施の試験とは時間割・試験時間が異なる。合格発表は3月12日。

 2月17日実施の一般・大学入試センター試験利用入学試験においても、交通機関の混乱に伴い別室受験による試験開始時刻の60分繰り下げをしたが、相当数の受験生が試験場に到着できない事態が生じたため、3月7日に追試験を実施する。ただし、大学入試センター試験利用入学試験出願者で、受験科目として指定された大学入試センター試験の科目を受験していない受験生は対象外となる。合格発表は3月11日。

 なお、これらの追試験によって、2月16日、17日実施の一般入学試験受験生に不利益が生じることはないという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)