平成26年度全国学力テスト、参加は30,651校…4/22に小6と中3実施

 文部科学省は3月5日、平成26年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)に参加する学校数や児童・生徒数を公表した。学校は国公私立合わせて30,651校、児童・生徒は小学6年生が約112万3,000人、中学3年生が約111万8,000人参加する。

教育・受験 学習
平成26年度全国学力・学習状況調査の参加教育委員会数等について
  • 平成26年度全国学力・学習状況調査の参加教育委員会数等について
  • 調査実施に関するスケジュール(予定)
 文部科学省は3月5日、平成26年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)に参加する学校数や児童・生徒数を公表した。学校は国公私立合わせて30,651校、児童・生徒は小学6年生が約112万3,000人、中学3年生は約111万8,000人が参加する。

 平成26年度の全国学力テストは、全国の小学6年生と中学3年生を対象に4月22日に実施される。平成25年度に引き続き、原則として対象学年の全児童・生徒がテストを受ける全員調査となる。学力調査は、国語と算数(数学)の2教科。

 参加学校数は、前年度より311校少ない30,651校。このうち、小学校は20,399校、中学校は10,252校。調査対象者が在籍する学校総数に占める参加校数は98.3%(前年度比0.1ポイント減)。国・公・私立別では、公立学校が98%を占め30,038校、私立学校が457校、国立学校が156校となっている。

 参加する児童・生徒数は、小学6年生が約112万3,000人、中学3年生が約111万8,000人。調査対象者が在籍する学校を所管する教育委員会は、全1,813教委が参加する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)