「宇宙科学講演と映画の会」4/12開催…中学生以上対象

 宇宙科学研究所(ISAS)は4月12日、中学生以上を対象とした「宇宙科学講演と映画の会」を四谷区民ホールにて開催する。参加費は無料で、当日、先着順に整理券を配付する。

教育・受験 その他
第33回宇宙科学講演と映画の会
  • 第33回宇宙科学講演と映画の会
  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
 宇宙科学研究所(ISAS)は4月12日、中学生以上を対象とした「宇宙科学講演と映画の会」を四谷区民ホールにて開催する。参加費は無料。

 宇宙科学研究所は、2003年10月、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の結成時に機構の4本部の1つである宇宙科学研究本部として発足。広く一般に宇宙科学についての理解を深めてもらうことを目的として、宇宙理学と宇宙工学の講演と、最新の研究内容の記録映像を紹介する会を毎年開催している。

 今回は、宇宙科学研究所所長 常田佐久氏による「宇宙科学の目指す方向性」、國中均教授による「再び宇宙大航海に挑む小惑星探査機 はやぶさ2」の講演と、映画「躍動する磁気圏 磁場から宇宙の謎にせまる」を上演。そのほか、質疑応答が行われ、宇宙に関する疑問について直接研究者に聞くことができるという。

 参加は先着順で、定員になり次第締切られる。対象は中学生以上だが、小学生以下も入場可能となっている。

◆第33回宇宙科学講演と映画の会
日時:4月12日(土)13:30~17:00
場所:四谷区民ホール(東京都新宿区)
対象:中学生以上(小学生以下も入場可)
定員:448名(先着順)
※当日、先着順に整理券を配付
参加費:無料
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)