文科省が夏期インターンシップ生を募集、中学生から大学院生まで

教育・受験 学習

インターンシップ受入までの一般的な流れ
  • インターンシップ受入までの一般的な流れ
  • 文科省インターンシップの受入人数の推移
  • 文科省インターンシップ応募人数と受入人数の推移
 文部科学省は4月25日、「平成26年度夏期インターンシップ」の実施概要を発表した。対象は、中学生から大学・大学院生まで。実施期間は、7月14日から9月19日。部署によって受入期間などが異なる。5月26日までメールで応募する。

 同省では、学生・生徒に広く文教・科学行政に対する理解を深めてもらうとともに、主体的な職業選択や高い職業意識の育成を図ることを目的に平成11年度からインターンシップ生の受入れを開始。平成25年度は、夏期95人、春期87人が参加。受入学生の累計は1,789人に上る。

 対象は、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、高等専修学校、高等学校、中学校の学生・生徒。中学生については、職場体験として実施する。期間は、7月14日から9月19日。各局課(室)によって、受入れの人数、時期、期間、条件、業務内容などが異なる。参加希望者は、所属校を通じて、応募書類を5月26日まで、メールで提出する。調査票に基づき実習生を選考し、6月19日以降に各所属校へ受入可否決定を通知する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)