【大学受験2015】2013-14年度の大学別入試結果

 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は4月25日、一般入試の入試結果について最新情報を掲載した。2013年度と2014年度の大学別の入試結果(志願者数・受験者数・合格者数・倍率)を確認できる。

教育・受験 受験
一般入試の入試結果
  • 一般入試の入試結果
  • 早稲田大学の入試結果
  • 慶應義塾大学の入試結果
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は4月25日、一般入試の入試結果について最新情報を掲載した。2013年度と2014年度の大学別の入試結果(志願者数・受験者数・合格者数・倍率)を確認できる。

 入試結果は、国公立大学と私立大学の一般入試を対象に各大学の公表資料に基づく(推薦入試などは除く)。ただし、大学公表値が推薦入試等を含む場合は、公表値をそのまま掲載している。国公立と私立を地区別に分けた「大学順」のほか、日程や地区、学部系統などの条件から検索できる「条件検索」がある。なお、確定情報を出している大学もあるので、大学の最新情報も合わせてチェックしたほうがよい。

 早稲田大学が4月29日に発表した入試結果(確定版)によると、志願者数が105,424人、合格者数が17,197人。特に倍率が高かったのは、人間科学センタ学部人間情報科学(センターのみ方式)の11.7倍、人間科学センタ学部人間環境科学科(センターのみ方式)の10.9倍、教育学部初等教育学科の10.8倍、社会科学学部社会科学科の9.5倍、政治経済学部国際政治経済学科の9.5倍など。

 慶應義塾大学が発表した入試結果(確定版)によると、志願者数が42,398人、受験者数が38,739人、入学許可者総数が9,742人。特に倍率が高かったのは、医学部医学科の10.3倍などとなっている。

 このほか、Kei-Netでは、志願状況の集計データや、国公立大学の合格者の最高点・最低点・平均点、推薦入試・AO入試の入試結果などを掲載している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)