眼の動きから疲れや眠気を可視化するメガネ、JINSより3種登場

生活・健康 健康

眼電位センサーを搭載した“眼の活動量計”「JINS MEME」。発売は2015年の予定
  • 眼電位センサーを搭載した“眼の活動量計”「JINS MEME」。発売は2015年の予定
  • 「JINS MEME」に搭載される三点式眼電位センサー
  • ウェリントン型
  • ハーフリム型
  • サングラス型
 ジェイアイエヌは13日、「JINS」ブランドから三点式眼電位センサーを搭載した“眼の活動量計”「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を発表した。これにより自身の疲れや眠気を可視化するという。発売は2015年を予定している。

 「JINS MEME」とは、「自分を見る」をコンセプトに制作された言ってみれば“眼の活動量計”。人の眼球は、角膜側が正の電荷、網膜側が負の電荷を帯びており、その電位差を眼電位という。「JINS MEME」に搭載される三点式眼電位センサーは、鼻パッドと眉間部分から検出される眼電位により、八方向の視線移動とまばたきのリアルタイム測定を実現。眼の動きを継続的にとらえることにより、着用者も自覚していないような、人間個人のより深いところから得られる深度及び精度の高いデ-タである「Deep Data」の取得が可能となる。

 具体的には、眼の動きから、オフィス作業時の疲れや集中度を割り出したり、ドライブシーンで眠気が増したときに起こる眼特有の動きを検出してドライバーに警告したりといったことを行う。眼球の動きを判断するアルゴリズムは、芝浦工業大学・加納慎一郎氏などの専門家と共同開発した。

 「JINS MEME」本体には三点式眼電位センサーと、三軸加速度センサー 、三軸ジャイロ(角速度)センサーを搭載。Bluetoothに対応しており、専用のアプリをインストールしたスマートフォンと通信し、データをスマートフォンで確認するといったことが可能。ウェリントン型、ハーフリム型、サングラス型の3タイプが用意される。度付きレンズに交換も可能(サングラスタイプを除く)。重量はウェリントン型で約36g。バッテリーを内蔵しており、動作時間は約8時間。マイクロUSBポートを装備しており、PCとの接続も可能。

疲れや眠気を可視化! JINSから“眼の活動量計”「JINS MEME」登場

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)