【EDIX2014】コンテンツの制作能力を幼稚園・保育園・塾・学校などに提供、小プロ

 小学館集英社プロダクションは、5月21日から3日間にわたって開催される、日本最大の学校向けIT専門展、「第5回 教育ITソリューションEXPO」(以下EDIX)に出展する。展示内容の見どころを担当者に聞いた。

教育ICT 学校・塾・予備校
展示内容を紹介する中村貴之氏と岡野亮太氏
  • 展示内容を紹介する中村貴之氏と岡野亮太氏
  • 音声ペン教材「EduTalk」
  • 音声ペンで本に触れるとペンから英語の歌や単語が流れる
 小学館のこども英語教室「イーコラボ」は、青山学院大学のアレン玉井光江教授が開発したストーリーベースカリキュラムが特徴で、英文を丸暗記するのではなく、子どものよく知っている昔話などを題材にすることで、文脈に富んだまとまりのある英語表現を自然と身につけられるようデザインされている。首都圏・関西エリアにすでに部分的に導入されており、週1回の授業が展開されている。

 40年以上にわたる児童英語教育のノウハウを活かし、学童保育などの場で授業として展開するだけでなく、小学館集英社プロダクション側が教材を提供し、講師派遣をするというコラボレーションも可能だという。

 教育アプリ「エデュプリ」は、小学館集英社プロダクションが開発し、幼児教室「ドラキッズ」の教室でも活用している学習アプリ。塗り絵や数あそび、絵合わせ、英単語などの知育・教育アプリが豊富で、「コンテンツメーカーとの共同開発や監修、プラットフォームへのコンテンツ提供など、さまざまなコラボレーションが考えられる」と中村氏は期待する。同社が運営する幼児教室「ミキハウスキッズパル」では幼児向けアプリ体験イベントも全国各地で開催しており、展開の幅が広がっているという。

 小学館集英社プロダクションがEDIXで紹介するのは、すでに導入実績などがあるコンテンツやカリキュラム。家庭向けに提供している既存サービスのコンテンツは、幼児教室や学童保育、塾・予備校、学校、企業などでも活用できると提案するという。
《石井栄子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)