【夏休み】京大博物館で「体験EXPO」、小中学生向けに14プログラム

教育・受験 学校・塾・予備校

体験EXPO 2014'夏
  • 体験EXPO 2014'夏
  • プログラムの内容
 京都大学総合博物館は8月6日から10日、夏休み学習教室「体験EXPO 2014’夏」を開催する。主な対象は、小中学生。元素、放射線、宇宙、三葉虫、アロマなど、幅広いテーマで14種類の体験プログラムを提供する。

 今年で14年目を迎える夏休みの恒例イベント。前年より新たに6つのプログラムを追加。カードでゲームを楽しみながら元素を覚える「元素博士ジュニアになろう!」、3Dメガネをかけて最新宇宙の姿に触れる「4次元デジタル宇宙シアターで宇宙を3Dで体感しよう!」、何億年も前に絶滅した三葉虫について化石から学ぶ「三葉虫を調べよう」など、多種多様な14種類の体験プログラムが準備されている。

 小学5・6年生と保護者を対象に、子どもは自分で組み立てた望遠鏡で月や星を観察し、保護者は二枚貝について学ぶ学習教室「貝体新書」に参加する親子向けプログラムもある。

 参加無料だが、博物館への入館料が必要。入館料は、一般400円、大学生・高校生300円、小中学生200円。ただし、オープンキャンパス開催に伴い、8月7日(木)と8日(金)の入館料は無料となる。

 募集定員は、プログラムごとに異なる。応募者多数の場合は抽選となる。小学生は、保護者同伴で参加すること。参加希望者は、「夏休み体験EXPO参加希望」と明記し、希望プログラムを記載の上、往復はがきかメールで申し込む。締め切りは、7月15日(必着)。

◆体験EXPO 2014'夏
日程:8月6日(水)~10日(日)
場所:京都大学総合博物館
参加費:無料
入館料:一般400円、大学生・高校生300円、小中学生200円(8月7日と8日はオープンキャンパス開催に伴い無料)
申込方法:往復はがきかメールで申し込む
締切:7月15日(必着)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)