「この本、オススメやねん」大阪市、書評漫才グランプリの参加者募集

趣味・娯楽 その他

第3回 書評漫才グランプリ in OSAKA
  • 第3回 書評漫才グランプリ in OSAKA
  • 第1回優勝のNOM
  • 第2回 表彰式
 大阪市は、漫才スタイルでオススメの本を紹介する「第3回 書評漫才グランプリ in OSAKA」を11月23日、大阪市立中央図書館で開催、参加者を募集している。

 「書評漫才グランプリ」は、10月25日(土)から11月30日(日)に開催される「第17回大阪市図書館フェスティバル」の催しの1つで、2人以上の漫才ユニットで1冊の本を持ち時間3分で紹介。本を読みたいと思わせたか、紹介の面白さ、インパクトなどを審査員が評価するコンテスト。グランプリを決定し、上位コンビには賞状と副賞(図書カードなど)を、出場者に記念品を贈呈する。

 出場資格は10代のコンビ(1人が10代なら相方は年齢不問。トリオも可)で募集数は12組。インターネットまたはFAX、ハガキにて申し込みを受け付けている。また当日の観覧は事前申込不要で300名当日先着順。

 なお、デモ動画「書評漫才って、こんなんやねん」や過去の受賞ユニットによる実演動画がインターネットで公開されている。

◆第3回 書評漫才グランプリ in OSAKA
日時:11月23日(日・祝)14:00~16:00
会場:大阪市立中央図書館 5階大会議室
出場資格:10代のコンビ
※1人が10代なら相方は何歳でも可。トリオでも可
募集定員:12組
※応募多数の場合は選考
観覧者定員:300名
※当日先着順
締切:10月31日(金)必着
応募方法:インターネット(大阪市立図書館ホームページの申込フォーム)、FAX、ハガキ
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)