千葉大学教育学部、ゲームと学びに関する授業をグリーと共同で実施

 千葉大学はグリーと共同で、教育学部にて、ゲームと学びに関する授業「メディアリテラシー教育演習」を実施すると発表した。 同授業は昨年度に続き、2年連続で実施。後期セメスター全15回2単位の授業として、10月7日から2015年1月27日の日程で行う。

教育・受験 学校・塾・予備校
昨年、学生が制作したゲーム
  • 昨年、学生が制作したゲーム
  • 千葉大学とグリーが共同で実施するメディアリテラシー教育演習
 千葉大学はグリーと共同で、教育学部にて、ゲームと学びに関する授業「メディアリテラシー教育演習」を実施すると発表した。

 同授業は昨年度に続き、2年連続で実施。後期セメスター全15回2単位の授業として、10月7日から2015年1月27日の日程で行う。

 ゲームが持つ人を楽しませて集中させる要素や考え方は、近年、ゲーミフィケーションと呼ばれ、さまざまな分野で応用されているという。同授業では、ゲーミフィケーションについての知識を身に付け、楽しみながら学べる授業を行える教育人材を育成することが目的。また、デジタル教材やインターネットを活用した教育についての講義や学習ゲームの制作を通じて、メディアについての理解を深めることも狙いとしている。

 昨年度に実施した授業では、学生が数名ずつのチームに分かれて、「敬語を学ぶ」、「防災シミュレーション」、「元素記号を覚える」などをテーマとした、学習ゲームを企画。その企画をもとに、学生とグリーのエンジニアやデザイナーが協力し、学習ゲームを制作した。さらに、本年度は、授業を通じて制作した学習ゲームを使って、千葉大学教育学部附属小学校の5年生を対象とした実習授業も開催する予定だという。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)