オリオン座流星群、21日夜は北海道・関東南部・九州南部・沖縄で観測チャンス

 オリオン座流星群が10月21日(火)夜にピークを迎える。21日の夜に寒冷前線が通過するため、全国的に雲の広がる所が多く、広い範囲で観測が難しそうだが、北海道や九州南部、沖縄・奄美、関東南部では、雲の隙間から観測を楽しめそうだ。

教育・受験 その他
流星見えるかなマップ
  • 流星見えるかなマップ
  • 流星キャッチャー
 オリオン座流星群が10月21日(火)夜にピークを迎える。21日の夜に寒冷前線が通過するため、全国的に雲の広がる所が多く、広い範囲で観測が難しそうだが、北海道や九州南部、沖縄・奄美、関東南部では、雲の隙間から観測を楽しめそうだ。

 ウェザーニューズが10月20日に発表した天気予報によると、21日~22日朝にかけて寒冷前線が通過するため、全国的に雲の広がる所が多くなりそう。特に、前線本体の雨雲が広がる中国地方や北陸などの日本海側、東北地方での流星観測は難しいと予測される。

 比較的観測条件が良い地域は、前線の通過が早い北海道や前線から離れた九州南部、沖縄・奄美、前線通過前の関東南部で、雲の隙間から流れ星を狙うことができそうだという。

 同社は、「オリオン座流星群」の観測をより楽しんでもらおうと、21日(火)夜に流れ星が流れた際、3分以内に流星動画をスマホへ送るサービス「流星キャッチャー」の事前登録を受け付けている。また、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」(BS910)では、22時~25時に全国7か所から生中継を行う予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)