東京都職員採用2015、試験を1か月後ろ倒し…五輪控え全面見直し

 東京都は、東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、有為な人材を確実に確保するため、平成27(2015)年度東京都職員採用試験(大学院修了程度・大学卒程度)の採用試験日程を全面的に見直す。

生活・健康 その他
平成26、27年度東京都職員採用試験日程
  • 平成26、27年度東京都職員採用試験日程
  • 平成27年度東京都職員採用試験1類A・1類Bの主な日程
 東京都は、東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、有為な人材を確実に確保するため、平成27(2015)年度東京都職員採用試験(大学院修了程度・大学卒程度)の採用試験日程を全面的に見直す。

 民間企業や国家公務員の採用選考開始時期の後ろ倒しを踏まえ、東京都は平成27年度の1類A(大学院修了程度)と1類B(大学卒程度)の採用試験日程を全面的に見直す。平成26年度は5月4日より開始した採用試験を、平成27年度は5月31日より開始する。

 また、理系学生の大学院進学率が上昇し、高い専門性を有する理系大学院生の人材獲得競争の激化も見込まれることから、早期に大学院生を確保するため、試験の実施順序を見直し、1類A試験から開始する。平成27年度は1類A一次試験を5月31日より、1類B一次試験を6月7日より開始する。技術系職種(土木・建築・機械・電気)については、1類A・1類Bともに、他の区分より合格発表を早める。

 申込期間について、エントリーする機会をできる限り確保するため、1類Bの申込期間を現在の1週間程度から約3週間に延長する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)