早大・慶大・同志社大「会社四季報業界地図」が1位…大学生協9月のブックベスト10

 全国大学生活協同組合連合会(大学生協)は、9月の本の売上げベスト10を公開した。早稲田大学と慶應大学、同志社大学の1位は「会社四季報業界地図 2015年版」(東洋経済新報社)だった。就職や資格関連の本が上位にある大学が多かった。

教育・受験 学校・塾・予備校
9月のブックベスト10
  • 9月のブックベスト10
  • 9月のブックベスト10
  • 全国大学生活協同組合連合会のホームページ
 全国大学生活協同組合連合会(大学生協)は、9月の本の売上げベスト10を公開した。早稲田大学と慶應大学、同志社大学の1位は「会社四季報業界地図 2015年版」(東洋経済新報社)だった。就職や資格関連の本が上位にある大学が多かった。

 大学生協は、「北海道大学生協」「東北大学生協」「東京大生協」「早稲田大生協」「慶應義塾生協」「名古屋大学生協」「京都大学生協」「同志社大生協」「大阪大生協」「九州大学生協」の10生協の書籍部で売れているベスト10を月に1回紹介している。

 東北大学の1位は「受験ジャーナル27年度試験対応vol.1」、2位は「公務員の仕事入門ブック 27年度試験対応」、4位は「会社四季報業界地図」、8位に「学習スタートブック 27年度試験対応」と、就職対策本の動きが目立った。

 北海道大学は吉田文和教授の「グリーン・エコノミー」が1位。3位には北大恵迪寮の「寮歌集 平成25年度版」と、「ご当地ベストの特徴が出た」と同大生協の書籍部。東京大学は2位に「東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと」(伊藤元重著)、3位に「実録!東大大学院総集編」(かっぱ巻きRC著)、8位に「国家と宗教」(南原繁著)と、東大関連の本が売れた。

 九州大学の1位は「要件事実入門」(岡口基一著)、2位は「行政法ガール」(大島義則著)、3位は「事例で学ぶ民法演習」(松久三四彦著)、6位に「工藤北斗の合格論証集 商法・民事訴訟法」(工藤北斗著)と、法律系が占めている。1位の「要件事実入門」は入荷を待つ学生で、「あっと言う間に売り切れた」という。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)