大学生の8割「就職したら自分の時間を大切にバランスよく働きたい」

生活・健康 その他

社会人になったらどんなふうに働きたいか
  • 社会人になったらどんなふうに働きたいか
  • 仕事とプライベートの理想的な比率
 大学生の8割が「社会人になったら生活や自分の時間を大切にバランス良く働きたい」と回答したことが、就職ジャーナルが11月6日に発表した調査結果より明らかになった。仕事とプライベートの理想的な比率は、「5:5」が3割を占めた。

 調査は、大学2年生~大学院2年生1,175人を対象に、アンケートを実施。調査期間は10月17日~19日。

 社会人になったらどんなふうに働きたいか聞いたところ(複数回答)、「生活や自分の時間を大切にバランス良く働きたい」がもっとも多く82.6%、「自分の能力を生かしてやりがいのある仕事がしたい」53.7%、「責任の重い仕事や社会貢献度の高い仕事がしたい」10.7%、「プライベートを犠牲にしても出世を目指したい」4.8%などが続いた。

 仕事とプライベートの理想的な比率は、「仕事5:プライベート5」30.8%、「仕事6:プライベート4」21.3%、「仕事8:プライベート2あるいは仕事7:プライベート3」18.0%、「仕事4:プライベート6」14.7%の順に回答者が多かった。

 自由回答では、「地域の人々と密接にかかわって、人々の安全を守る仕事をすることで、地域の人々の信頼を得たい。同時に結婚・出産後も働き続けつつ、冠婚葬祭や親族のけがや病気の時にはプライベートを優先したい。」(仕事6:プライベート4が理想・理学部3年・女子学生)や、「世間をあっと驚かせるような成果を出せる仕事。例えば、会社の看板商品となるような商品を作りたい。かつ、仕事に精を出しつつも、プライベートを優先させたい。」(仕事4:プライベート6が理想・大学院理工学研究科2年・男子学生)といった意見が挙げられた。仕事にやりがいを求めつつ、プライベートも充実させたいという思いが感じられる結果となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)