ゲレンデの降雪傾向予想、クリスマスや年末年始にまとまった雪

 ウェザーニューズは11月11日、スキー・スノーボードシーズンの日本各地のゲレンデの降雪傾向を発表した。今年の降雪量は、北~東日本は平年並から多め、西日本では少ない予想となっている。

生活・健康 その他
予想降雪量マップ~平年比~
  • 予想降雪量マップ~平年比~
  • 【エリア別降雪量予想】北海道
  • 【エリア別降雪量予想】東北
  • 【エリア別降雪量予想】関東甲信
  • 【エリア別降雪量予想】中部(新潟・長野北部・岐阜飛騨)
  • 【エリア別降雪量予想】近畿・四国・中国・九州
 ウェザーニューズは11月11日、スキー・スノーボードシーズンの日本各地のゲレンデの降雪傾向を発表した。今年の降雪量は、北~東日本は平年並から多め、西日本では少ない予想となっている。

 同社によると、クリスマスや年末年始は寒波が襲来するため、北~西日本の日本海側では広範囲で大雪となる見込み。全体でみると、今シーズンは、周期的に寒気が流れ込むため、各地の降雪量は、特に北~東日本の日本海側では平年より多く、太平洋側では平年並、西日本では少ない予想となっているという。やや強い寒気の影響で、日本海側ではまとまった降雪がある予想で、良い雪質で滑走できるゲレンデが多くなりそうだ。

 12月中旬までは寒気が北日本を中心に流れ込むため、12月前半にゲレンデを楽しめるのは北日本のエリアが中心となる予想。12月後半になると、全国的に雪質の良い状態でスキー・スノーボードを楽しめるようになるため、 ゲレンデに出かけるのは12月後半以降がおすすめ。

 年末年始は全国的に平年より寒く、全国各地のゲレンデで豊富な新雪を期待できそう。ただ、北海道~中国地方の日本海側では、大雪や強風により交通機関に影響が出る可能性があるため、最新の情報を確認して出かける必要がある。

 1月は北~西日本の日本海側では雪の降る日が多くなりそうだ。1月中旬頃は、一時的に冬型の気圧配置が緩み、日本海側で雪が弱まるものの、低気圧の通過により関東など太平洋側の平野部でも雪の降る可能性があるとのこと。その後は、寒気が流れ込み、日本海側のゲレンデは再びまとまった降雪が見込まれる。

 2月~3月中旬までの気温は、北日本は平年並みかやや低く、東~西日本は平年より低い予想。寒気が強まるタイミングで降雪量が増える見込みだ。また、本州南岸を進む低気圧(南岸低気圧)の通過時は関東南部でも積雪の可能性があるという。2月下旬~3月上旬にかけては強い寒気が流れ込み、再び日本海側ではまとまった積雪となる地域があるが、3月下旬になると平年並かやや高めの気温となる予想で、ゲレンデでは次第に雪解けが進むと見られている。

 スキー・スノーボードシーズンの各地の積雪情報の詳細は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」や、スマホ向けWebサイト「ウェザーニュース」より確認できる。
《小林瑞季》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top