杉並区、2015年3月までに小学校の通学路29か所に防犯カメラ設置

教育・受験 その他

杉並区内では犯罪認知件数が約10年で半減。防犯カメラ効果も大きい(写真はイメージです)。
  • 杉並区内では犯罪認知件数が約10年で半減。防犯カメラ効果も大きい(写真はイメージです)。
  • 2014年度は小学校6校の通学路設置に1,146万円を計上(写真はH26年杉並区一般会計補正予算より)。
 東京都杉並区は区内の全小学校の通学路に計205台の防犯カメラを設置すると発表しており、現在継続して防犯カメラの設置が進んでいる。

 杉並区は2014年度からの4か年で区内全小学校の通学路に防犯カメラを設置する予定を発表していたが、このほど今年度の具体的な設置施策が進行している。2014年度は区立小学校6校の通学路に設置するため、補正予算1,146万円を計上。2015年3月までに29か所の防犯カメラ設置に向けて動いている。

 商店街などに既に設置された約2,500台の防犯カメラによる犯罪抑止効果を含め、同区内の全小学校の通学路での防犯カメラ設置は、他の自治体などからも注目されている。

杉並区の全小学校通学路に防犯カメラの設置が進む

《宮崎崇@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)