チャレンジタッチ、先着50万名に専用タブレット無料提供

教育ICT モバイル

キャンペーン
  • キャンペーン
  • 専用タブレット
 ベネッセコーポレーションは、タブレットを使った通信講座「進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ」の開講1周年を記念して、新規申込者先着50万名に講座専用のタブレットを受講月数に関わらず無料で提供するキャンペーンを開始した。

 チャレンジタッチは、タブレットを使った通信講座で、デジタル技術を活かした文字の正誤判定や、算数の思考パターンによる出題分けなど一人ひとりに合った個別学習ができることが特長という。タブレットで学習するだけでなく、国語の文章問題や記述問題など、紙による学習が効果的なものは、従来のように紙で学習するよう設計されている。また、一人ではなかなか身につけられない記述力は、答案添削指導の赤ペン先生が個別に指導。2014年4月時点で40万人以上が受講しているという。

 2015年3月に講座開講1周年を迎えるのを記念して、より多くの方にチャレンジタッチを活用してもらおうと、12月20日よりキャンペーンを実施。チャレンジタッチに新たに申し込んだ方先着50万名に、チャレンジタッチ専用のタブレットを、受講月数に関わらず無料で提供する。対象学年は小学1年生~6年生(6年生は2015年4月開講)。キャンペーンは50万名に到達次第終了となる。

 なお通常は、6か月未満で退会あるいは「チャレンジ」に講座変更した場合、タブレット代金が請求される。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)