東京都は塾費用20万円貸付け、進学で返済免除ほか…受験生支援

 東京都は、中学・高校3年生を持つ家庭向けに無利子貸付・入学後返済免除の貸付支援を実施している。学習塾代や受験料の支払いに利用でき、大阪市でも同様の「塾代助成カード」配布を実施するなど、受験生を持つ家庭の支援を紹介する。

教育・受験 その他
受験生チャレンジ支援貸付資金
  • 受験生チャレンジ支援貸付資金
  • 受験生チャレンジ支援貸付資金
  • 受験生チャレンジ支援貸付資金
  • 大阪市塾代助成事業
 東京都は、高校・大学進学を目指す受験生とその家庭を支援するため、学習塾や受験費用をサポートする貸付けを行っている。平成27年度応募締切は2月13日。

 「受験生チャレンジ支援貸付資金」は、高校・大学受験対策の学習塾等の費用をサポートするものと、高校・大学等の受験料をサポートするものの2種類。いずれも無利子貸付である点が特徴で、学校教育法に規定する高等学校や大学、短期大学、他各種学校に入学した場合、返済が免除される(一部対象外となる場合あり)。

 貸付条件を満たした場合、住まいの区市町村窓口で世帯の生活状況を相談。申込み対象者となった場合は貸付申請を行い、審査を通過した場合に貸付金が本人口座に送金される仕組みだ。

◆東京都受験生チャレンジ支援貸付事業貸付金
対象:都内の中学・高校3年生(貸付け時)をもつ保護者
貸付無利子、入学後返済免除
貸付学習塾等受講料:20万円(上限)
貸付受験料:中学3年生2万7,400円(上限)、高校3年生10万5,000円(上限)
申込み締切:2月13日(金)最寄の区市町村窓口へ来所
※世帯の総収入金額や預貯金等総資産保有額の上限、土地・建物などを所有していないなど諸条件あり

 東京都のほか、子どもたちの学習意欲をサポートする取組みとして大阪市が実施している「塾代助成カード」もある。

 大阪市の「塾代助成カード」は、交付される個人専用のICカードで、たとえば学習塾の費用を月1万円まで支払うことができる。カード利用の対象は、塾に限らず文化・スポーツ教室にも及ぶ。現在公表されている申請申込みはすべて締め切られているが、今後の情報に注目したい。

◆大阪市 塾代助成事業
対象:大阪市内に住む中学生の保護者で「大阪市児童生徒就学援助制度」の認定を受けている者
貸付:生徒1人当たり月1万円(上限)
ICカード利用。毎月指定日に1万円(上限)が振り込まれる
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)