学研×玉井式のICT幼児英語プログラム、4月に新教室スタート

 タマイ インベストメント エデュケーションズと学研エデュケーショナルは1月6日、学研×玉井式の新ブランド「ガッタマ」事業第1弾として、ICTを活用した新しい幼児英語プログラムを開発したと発表。学研の幼児教室「ほっぺんくらぶ」で、4月より授業をスタートする。

教育ICT 学校・塾・予備校
HOPPEN ENGLISH(ホッペンイングリッシュ)
  • HOPPEN ENGLISH(ホッペンイングリッシュ)
  • ほっぺんくらぶ
  • タマイ インベストメント エデュケーションズ
  • WEB CM 第1弾を公開中
 タマイ インベストメント エデュケーションズと学研エデュケーショナルは1月6日、学研×玉井式の新ブランド「ガッタマ」事業第1弾として、ICTを活用した新しい幼児英語プログラムを開発したと発表。学研の幼児教室「ほっぺんくらぶ」で、4月より授業をスタートする。

 タマイ インベストメント エデュケーションズは、映像を見てイメージする力を育み読解力・算数力を高める「玉井式教材」を国内外に展開。一方、学研エデュケーショナルは、0歳からの幼児教室「ほっぺんくらぶ」を全国に展開。今回この2社が業務提携し開発した幼児向け英語プログラム「HOPPEN ENGLISH(ホッペンイングリッシュ)」が、「ほっぺんくらぶ」の新しい幼児英語コースとして4月よりスタートする。

 「HOPPEN ENGLISH(ホッペンイングリッシュ)」は、ICTを活用した「話す・聞く」を子どもと母親が一緒に学べる新しい教材。幼児が言葉を学ぶプロセスに沿って、日常的に親子が使う英語表現をトレーニングして定着させる新しいメソッドで学ぶ。教材はパソコン、スマートフォン、タブレット端末にも対応し、教室だけでなく自宅でも親子で自然に英語を学ぶことができるという。

 なお、「ほっぺんくらぶ」のホームページにて、「HOPPEN ENGLISH」のWEB CM第1弾を公開中。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)