【センター試験2015】ベネッセ「志望校判定システムCompass」1/22より無料配布

 ベネッセマナビジョンが提供する2015年度センター試験の判定ソフト「志望校判定システムCompass」が、1月22日より無料でダウンロードできる。自己採点結果を入力することで合格可能性判定ができるシステムで、出願校をじっくり検討するために活用してもらいたいという。

教育・受験 受験
「志望校判定システムCompass」1月22日ダウンロード開始
  • 「志望校判定システムCompass」1月22日ダウンロード開始
  • 使い方を動画で紹介
 ベネッセマナビジョンが提供する2015年度センター試験の判定ソフト「志望校判定システムCompass」が、1月22日より無料でダウンロードできる。自己採点結果を入力することで合格可能性判定ができるシステムで、出願校をじっくり検討するために活用してもらいたいという。

 「志望校判定システムCompass」は、センター試験の自己採点結果と志望校を設定することで、A~Eの5段階で合格可能性判定が出るというもの。各大学・学部の傾斜配点に基づいた判定で、信頼度の高いデータになるという。また、インターネット上に情報を入力する必要はないので、セキュリティ上も安心だという。

 使い方は、パソコンにソフトをダウンロードし、受験した全科目の採点結果、志望校名、学部・方式などの必要事項を入力、選択していくだけの簡単なもの。なお、ホームページでは詳しい使い方を動画で紹介しているほか、利用した先輩の声も掲載している。

 なお、出願校はセンター試験の判定だけで決めず、学校の先生や保護者ともよく相談することが大切だという。ホームページでは、自分の気持ちを整理しまとめられる「面談前確認シート」もダウンロードできる。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)