PCよりもスマホのほうが2倍続けられる…英語学習アプリで実態調査

 イングリッシュセントラルは、同社が運営するオンライン英語学習サイトのスマホ版アプリ「EnglishCentral」において学習状況の調査を実施。アプリで英語学習を行った人は、PC版より約2倍の動画レッスンを完了していることが明らかになった。

教育ICT ソフト・アプリ
EnglishCentral iPhone版アプリ(イメージ図)
  • EnglishCentral iPhone版アプリ(イメージ図)
  • EnglishCentral iPhone版アプリ(イメージ図)
  • EnglishCentral PC版
 イングリッシュセントラルは、同社が運営するオンライン英語学習サイトのスマホ版アプリ「EnglishCentral」において学習状況の調査を実施。アプリで英語学習を行った人は、PC版で学習した人の約2倍の動画レッスンを完了していることが明らかになった。

 EnglishCentralは、1万本以上ある動画コンテンツから興味のあるトピック、難易度で動画を選び、学ぶことのできるオンライン英語学習サービス。特にスピーキングについては、独自の音声認識エンジンを採用し、発話をするとリアルタイムで採点、「L」や「R」など発音単位でのフィードバックを行う機能が付いているという。PC版のほか、iPhone版、Android版アプリがあり、無料登録すると利用することができる。

 今回の調査は、同アプリの学習の3ステップ、「リスニングと内容理解」「単語の聞き取りとスぺリング」「発音のリアルタイム採点」のそれぞれにおいて、PC版学習者とアプリ学習者の学習完了率から比較したもの。同アプリを使用するすべての学習者を対象に行われた。

 調査結果によると、「リスニングと内容理解」で37.7%、「単語の聞き取りとスペリング」で54.5%、スマホ版動画学習の最終ステップである「発音のリアルタイム採点」で115.2%、それぞれPC版に比べて完了率が上がり、より多くの人が学習を進められたことが確認できたという。

 また、すべてのステップを学習し終えた割合が86.2%増加したことから、PC版よりアプリを使うことで英語学習への取り組みが約2倍促進されることが明らかになった。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)